餃子 > 浜松餃子のスタイル

浜松餃子のスタイルについて

旅をするときには、その地のおいしい物を食べたいと誰もが思いますよね。

また、その土地のおいしい物を食べるために旅行を計画することもあると思います。

大の餃子好きの人がおいしい餃子を食べるためだけに宇都宮へ旅をした、という話も聞いたことがあります。

やはり餃子の町と言えば宇都宮が有名です。

しかし数年前「わが町こそが餃子消費量日本一」と名乗りをあげたところがあります。

うなぎで有名な浜松市です。

おいしい餃子のためなら全国どこでも旅をする元気のある人は、ぜひ浜松にも出かけてみてください。

浜松餃子の特徴は、餃子の付け合せに茹でもやしが添えられていること。

多くの餃子店では、フライパンで円形に並べて焼いた餃子を皿に盛り付け、真ん中の空間に茹でもやしを山にして盛るようです。

餃子自体も、キャベツなど野菜が多めの具なのでお腹にもたれにくくヘルシーです。

付け合せのもやしも餃子のタレに付けて食べるとおいしいそうで、このタレもそれぞれのお店が研究を重ねて作り上げたもので、せっかく餃子を食べに浜松を旅するのであれば、何軒かのお店に足を運んでみて欲しいと思います。

お店ごとのオリジナルのタレも、浜松餃子をおいしくいただくための重要な要素です。

また浜松の餃子店では持ち帰り用の生餃子や冷凍餃子を販売しているところも多くあるようですので、旅のお土産に買って帰ってもいいですね。
そして家庭で焼いて食べるときにも、ぜひ、山盛りの茹でもやしを添えてくださいね。