餃子 > 餃子のにおい

餃子のにおいについて

ラーメン屋さんへ行くとつい一緒に注文してしまう餃子、本当にラーメンによく合いますし、においや見た目で「食べたい」と思わせてしまう魅力的なメニューです。

でも翌日の仕事に響かないか、その後に人に会う約束があるから、などとにおいを気にして、食べたいのに我慢してしまう人もいるのですよね。

それほど餃子は周囲の人に「あ、餃子を食べてきたな」と分かってしまうほど強烈なにおいを発します。
女性では特に気にする人が多いでしょうね。

餃子のこのにおいの犯人は、アリルトリサルファイドという成分が大量に含まれているからだそうです。

ニンニクやニラなど、餃子の材料を見てもにおいの原因は明白ですよね。

アリルトリサルファイドという成分は、何も強烈なにおいを発するだけの嫌なやつ、というわけではなく、殺菌効果やウィルス退治に効果のある成分だそうです。

餃子がスタミナ料理だと言われるゆえんです。

でもいくらこのにおいのおかげで風邪予防ができている、とは言え、周囲に不快な思いをさせてしまいかねないにおいはできるだけ抑えたいものです。

そこで、ニンニク系の料理を食べた後に摂ると消臭効果が期待できると言われる食品をいくつか紹介します。

まず牛乳、ヨーグルト、卵などはアリルトリサルファイドのにおいを消すのに有効と言われます。

レモンやみかんなどの柑橘類でもある程度はにおいを減らすことができるようです。

緑茶は口臭予防や口腔内の殺菌効果もあることで有名ですが、こちらも餃子のにおいを多少抑えてくれます。

歯磨きを一生懸命にしてにおいを消そうとする人もいますが、確かにお口の清潔は口臭を防ぐには重要なポイントですが、お腹の中からにおっている場合は歯磨きだけではにおいが消せないのが実情です。

ニンニクを食べたあとは、口からだけでなく、汗もニンニクのにおいがする、と言われますしね。

また、においが気になるけど餃子は食べたい、という人のために、餃子専門店からニンニク抜き餃子やにおいが気にならない餃子も発売されています。

家庭で手作りする場合には、ニンニクの代わりに生姜を入れるという方法もあります。

ニンニクを抜いただけでは物足りなさを感じてしまうので、このように香りのある食材を代用として使ってみると意外とおいしくできますよ。