餃子 > 餃子の王将

餃子の王将について

餃子と言えば「宇都宮!」「浜松!」と消費量の多い街が挙げられますが、「餃子の・・・」と投げかけられて次に出てくる言葉はやはり「王将」ではないでしょうか。

餃子の王将は全国的に展開されている餃子のチェーン店で、今や日本に限らず中国にも5店舗を出店するほどの大手です。

ちなみに中国では日本の店だということを主張するために「ぎょうざの王将」と、ひらがなで表示してあるようです。

餃子の王将の評判は、いろいろな口コミを見ても千差万別で、地域、各店舗によってかなり異なります。

餃子の王将では、メインメニューである餃子については皮とタネ(餡)が、またラーメンの麺に関してはセントラルキッチンで作られるため全国どこのお店で食べても味に大差はないようなのですが、それ以外のメニューは各店舗に裁量が認められていて店舗によってメニューが異なったり味が違ったりするわけです。

ご当地メニューがあり、店舗ごとのサービスメニューなどもさまざまです。

学生の町、京都では大学限定のメニューや、時間制限内に完食すると無料といういわゆるチャレンジメニューや、皿洗いすれば無料になる食事などが存在するようで、それぞれの店舗ごとに特徴を活かしてお客さんを集めているようです。

餃子の味に関する意見では「肉汁がジューシー」などというプラスのイメージも、逆に「味が画一的」というマイナスのイメージもありますが、何より安くてボリュームがある、というところが指示されているおおきな理由かもしれません。

持ち帰り用の生餃子も販売しており、家で焼いて好みのタレをつけて味わう人もいるようです。

「あ、今日、餃子が食べたい」と思い立ったときにすぐに行って食べられるのも、大手チェーン店の利用しやすいところですね。